壮年性脱毛症とAGAに効く育毛剤

ヘアケアをシッカリする習慣がついたら、ようやく薬剤などに向かいます。

壮年性脱毛症は何度も言う様に男性型脱毛症です。

男性型脱毛症の起因は全て男性ホルモンの過多、異常によるものです。

故に男性ホルモンの抑制とコントロールが重要になります。

実はそれを可能にするのは通常の育毛剤では不可能なのです。

これを解決するのは唯一プロペシアと言う薬品になります。

薄毛抜毛の相談で医者に行くと、必ず処方される薬剤です。

それだけハゲには効果があり、ハゲの原因の多くは男性型脱毛症である証拠なのです。

プロペシアは男性ホルモンを抑制する効果があります。

但し、重大な副作用があります。

効果のある薬は当然大きな反動あるのは否めません。

もちろん、全ての人に副作用が出る訳ではありません。

どんなものにも個々人で相性と言うものがありますので、効果も副作用もある人と無い人とがいます。

しかし、現在男性型脱毛症に効果を示すのはプロペシア若しくはそのジェネリック薬のみで他の育毛剤では効果が無い事が判っています。

 

壮年性脱毛症とAGAの治療法

壮年性脱毛症とAGAの治療法としては特殊な薬品を使います。

しかしながら、それらをする前に必ずしなければならない事があります。

それは、自分自身でのヘアケアです。

どれほど評判で、良い薬を使用しても頭皮環境が悪いままではその効果が発揮されません。

せっかくの薬の効果を最大限発揮させる為には常日頃のヘアケアが重要なのです。

その事を忘れがちな人が意外と多いのが現実なのです。

自分自身が解決したい悩みなのですから、自分自身で能動的に出来る事は全てすると言う姿勢がまずは大切な事です。

薬や育毛剤には最終的に頼る必要はありますが、それだけでは駄目だと言う事なのです。

その為には、常に頭皮、頭髪の皮脂を除去し、清潔に保っておく必要があります。

また、保湿に気を付けて、乾燥しない様にします。

更に荒れないようにケアします。

髪は常に濡れたままにしてはいけません。

直ぐに乾かす様にします。

ただドライヤーなどはソフトにかける必要がありますし、頭皮マッサージもソフトに行います。

 

壮年性脱毛症とAGAの関係とは?

AGAについては良くお分かり頂けたと思いますが、それでは壮年性脱毛症との関係とは何でしょう。

結論から言えば、壮年性脱毛症はAGAの1つの症状と言えます。

極端に言えば、AGAと壮年性脱毛症は呼び方が違うだけと言ってもいいかも知れません。

結局は壮年性脱毛症も若年性脱毛症も起因するのは飽くまで男性型脱毛症です。

一説には、それを年齢によって呼び方を変えていると言う事に過ぎません。

と言う事は、その解決方法も結果としては男性型脱毛症と同様であると言う事です。

但し、壮年性脱毛症を、年齢40~50代のものと仮定した場合は、同じ男性型脱毛症が起因であっても若年性脱毛症よりは死滅している毛穴や毛根が多い事にはなります。

もちろん、飽くまで年齢的なものを基準に設定を変えるならばと言う注釈はひつようになりますが。

とは言え、程度の差こそあれど最終的にはその解消方法は男性型脱毛症の治療に則って行う以外にはありません。

と言う事で、事項からはその治療法に言及します。

 

AGAとは一体何の事?

最近、AGAと言う言葉を良く耳にしたり、目にしたりすることが多くなったのではないでしょうか。

育毛剤や発毛剤などの広告や宣伝、ショッピングサイトや、テレビなどでも良く見かける様になりました。

しかし、AGAと言う言葉を聞いてすぐに何の事かピンと来る人は少ない事でしょう。

AGAと言う言葉自体は、英語の略語ですから正確な名称ではありません。

性格には「Androgenetic Alopecia」と言い、AGAはこれの略語な訳です。

意味は男性型脱毛症の英語表記なのです。

これをAGAと言う覚え易い略語に変えて呼んでいる訳です。

男性型脱毛症と言うのは、近年になってハゲの最も有力な要因として注目されているものです。

多くのハゲはこの男性型脱毛症と言う原因からなってくると言う訳です。

現在は、この男性型脱毛症の治療イコールハゲの治療と言う観点に立って治療薬が作られているのです。

もちろん、全てのハゲの原因が男性型脱毛症とは言えませんが、その可能性が極めて高いのです。

 

壮年性脱毛症とはどんな脱毛症

薄毛抜毛に悩んでいる人は沢山いるでしょう。

しかし、自分の薄毛抜毛の原因を判っている人はどれだけいるでしょうか?

ハゲの原因は一つではありません。

これは意外と知られていない事実です。

大きく分けてハゲの原因は2つあります。

1つはケアの不足による毛穴などの詰まりや、頭皮異常などによるものです。

もう1つは男性型脱毛症と言い、男性ホルモンの過多によって引き起こされるものです。

この男性型脱毛症の中に壮年性脱毛症というものがあるのです。

壮年性脱毛症と言うと、加齢が原因と思われがちですが、そうではありません。

壮年性脱毛症は20代の方にも起きるのです。

但し、この説には様々なものがあり、20~30代を若年性脱毛症と呼び、40~50代で起きるものを壮年性脱毛症と呼ぶと言う定義もあります。

また、これら全てを合せて男性型脱毛症と呼ぶと言う定義もあります。

そう言う観点で考えると明確な定義はないのです。

結果として、どちらの脱毛症もその元を辿っていけば結局男性型脱毛症に行き着くのです。